古本せどり

初公開!初心者古本せどらーの古本に真心込める納品作業

初心者せどらーの検品は、とにかく時間がかかります。

 

特に古本せどりとなると、時間たっぷり使って

「たったこれだけしかできなかった。」

なんてよくあることです。

 

はい、私(初心者せどらー)のことでございます。

 

本日はお休みで、古本の納品作業に全力投球だ!

と、意気込んでいたのですが、

 

朝から、子どもの幼稚園の送迎、妻の仕事の送迎、

昼から、子どもの歯医者付き添い・送迎と、

納品作業に専念とはいきませんでした。

どちらかというと、休みの日は、『送迎車の運転手』6:4『納品作業』でございます。

 

 

納品作業に費やせた時間は、午前中2時間、午後1時間30分程度の

合計3時間30分程度でした。

 

平日に、本表紙やページの「破れ、ヨレ、折れ、染み、色あせ」をチェックし、

ノートに、コンディションを書き込んでいます。

コンディションの確認が終われば、値札をはがしておきます。

 

今日、休みの日に行う作業は、

本の『クリーニング』と『写真撮影』と『梱包』です。

では、その納品作業をお見せしたいと思います。

 

 

①クリーニング

 

簡易ではありますが、クリーニングを行います。

まず、値札はがし後に残った粘着テープを、値札はがし液を用いてキレイにします。

 

(値札はがしの方法は、一度お話をしていますので、気になる方はこちらをどうぞご覧ください。知って得する!古本の値札はがし攻略法

 

次に、汚れが目立つ箇所があれば、ウエットティッシュを用いて丁寧に拭きます。

 

さらに、その後は、ティッシュペーパーで水分をふき取り、仕上げます。

 

 

②写真撮影

 

クリーニングの後は、写真撮影になります。

購入者は、店舗のように商品を手に取って見られないので、

写真も最低5枚以上は撮るようにしています。

  

ベテランせどらーになると、資金も豊富ですから、

個人でも「写真セット」といったツールを用いて、プロさながらに

撮影をされておられます。

 

しかし、初心者せどらーの私は、資金繰りもまだまだです。

ツール購入は、もう少し先になると思いますので、今は真心込めて

写真撮影するのみです!

こんな感じです(2枚だけサンプルを掲載)。

 

 

ここまでで、かなりの時間を費やしました

クリーニングが神経質になると、時間を浪費しすぎてしまいますので、

適度を心掛けてくださいね。

冊数が多いと、時間が意外とかかってしまいますので、ご注意を。

 

 

③梱包

 

商品をキレイして、撮影が終わったら、最後は梱包です。

クリスタルパック(OPP袋)を用意して、詰めていきます。

梱包については、また後日に実践方法をお話できたらと思います。

 

実は、わたくし、梱包がまだ経験不足でございますので、

写真は、はじめの一枚だけ披露ということに、させていただきます。

 

 

はい。これで梱包までの納品作業が終わりです。

今日、作業時間3時間30分で、4セットの梱包でした。

時間かかりすぎております。

私は、まだ納品作業に慣れていませんので、早い人ではもっとこなせると思います。

 

スピーディーに納品作業ができるようになっていきたいです!

 

梱包がすべて終われば、パソコンでの納品・出品入力となります。

その模様も、ブログでご紹介できればいいなぁと思っています。

日々コツコツがんばります!

 

 

関連記事はこちらから。

副業にせどりを選ぶまでの軌跡

古物商許可を得ようと思った理由

せどり初心者必見!古物商許可の申請方法

副業せどり初心者必見!100個出品すると毎日1品以上売れるの法則は如何に!?

スポンサーリンク

-古本せどり