古本せどり

初心者せどらーの意外な落とし穴!Amazon在庫保管手数料にも注意せよ。

Amazonの在庫保管手数料をご存知でしょうか。

 

確かに、保管している商品にいくらかお金がかかるんでしょ?

と、軽く思われている方も多いと考えます。

 

しかし、初心者せどらーには意外な出費となっていることを知らない人が多いのではないかと思いました。

 

初心者せどらーである私もその知らない一人でした。

 

今月の売り上げが振り込まれる際に、

「なんだ?このFBA手数料ってのは?」

と、予想していない金額が売り上げから引かれていました。

 

このことは、前回の記事でお話ししておりましたので、気になる方はこちらの記事をどうぞ。

悲痛!伸びない売り上げ。古本せどりの歯車は簡単に回らない。

 

その予想していなかった金額は、1,205円。

私の今月の振り込み額が、6,347円ですから、その事の大きさが分かっていただけるでしょう。

 

副業に参戦した当初の軍資金が少ない私には、未だにAmazonの大口出品の月間手数料5,390円も大きな重石です。

現状、毎月の5,390円の赤字を黒字にするだけでも、初心者せどらーには大変なハードルです。

 

1商品でも売れてくれーっと祈るように過ごしています。

売れた時にスマホに、せどり専用アプリ「プライスター」から

『完売しました!』のお知らせが入っていると、1日ウキウキした気持ちで過ごせます。

 

そんな感じですから、このFBA手数料1,205円の正体をどうしても探る必要があったのです。

家の妻からも徹底追及の命を受け、調査に乗り出したのです。

 

 

FBA手数料の正体は!?

 

 

調べてみると、FBA手数料の正体は、

 

「在庫保管手数料」

 

でした!

 

在庫保管手数料は、

Amazonフルフィルメントセンターにてお預かりしているすべてのFBA商品に、商品サイズの立方メートルで計算された日割りの在庫保管手数料が月単位で発生します。在庫保管手数料は、フルフィルメントby Amazonプログラムポリシーに従って梱包され、出荷が可能な状態にある商品のサイズで計算されます。(Amazon seller central HPより抜粋)

と書かれていました。

 

その手数料の計算方法は、Amazonが独自に規定する権利を有するそうです。

 

そうだったのかと、あまり気に留めていなかった私には勉強になりました。

 

そもそも、なぜ1,205円という在庫保管手数料が気になったかというと、

1つ目は、先ほども述べました、振込金額が少額のため、1,205円という数字をスルーすることができなかったことと、

 

ここがポイントなのですが、

2つ目の理由として、先月の在庫保管手数料が271円だったのに、約5倍に膨れ上がっていたからなのです。

 

なぜ約5倍になったのか?

 

 

単純に商品自体が追加納品によって増えているからもあるでしょうが、5倍になるほど納品はしていない気がします。

 

そこで、早速AmazonカスタマーセンターにTELして確認してみることにしました。

Amazonカスタマーセンターのスタッフは、めちゃくちゃ丁寧に教えてくれました。めっちゃ優しい。

これなら気軽に分からないことを聞けるなぁとなんか安心しました。

 

スタッフは、Amazon seller centralのネット画面で一緒に在庫保管手数料を見てみましょうと、

PCの操作についても電話で私を指示してくれました。

 

「一つひとつの商品ごとの在庫保管手数料はAmazon seller centralで確認できます。

とのことでした。

 

 

確認の手順は以下のとおりです。

 

①Amazon seller central画面で、一番上段にある項目の「レポート」にカーソルを合わせると、下に「フルフィルメント」が出てくるので、そこをクリックします。

 

②次にAmazonフルフィルメントレポートのページになりますので、左下の「支払い/ペイメント」のところを見ます。

 

③支払い/ペイメントの在庫保管手数料レポート(月次)をクリックします。

 

④すると、在庫保管手数料レポート(月次)の画面になりますので、知りたい年月を選択して、「CSV形式でのダウンロードをリクエスト」をクリックします。

 

⑤そうしますと、Excel形式で在庫保管手数料レポートを見ることができます。

Excelの一番右端にMonthly(黄色枠)と書かれている箇所があります。

その箇所が1商品ずつの値段になります。この表では大体1円から3円の保管手数料となっています。

 

Excelの表をΣを使って自分で合計すると、赤枠部分の合計金額が算出されます。

これ(250円)が、この月の在庫保管手数料となります。

 

ぜひ一度自分の在庫保管手数料はどのくらいで、

どの商品にどのくらいの保管料がかかっているのかを確認しておいても良いかもしれません。

 

売れないと保管手数料が増えていくのかと背筋が凍り付きそうですが、

自分の目利きを向上させ、より良い商品の仕入れをしなきゃなと

身が引き締まる思いです。

 

 

最後に、今回なぜ在庫保管手数料が上がったのか、その要因についてスタッフにお尋ねしますと、

基本的に商品にかかる在庫保管手数料は毎月同じだそうで、なぜアップしたかは、原因がわかりませんでした。

 

「規格の再計測が行われたのかもしれません。」という回答でした。

ただ、後でAmazon seller centralで独自に調べたところ、

在庫保管手数料は、1月~9月と10月~12月で異なる月額保管手数料が 適用されるとの記載がありました。

 

ちょうど私の在庫保管手数料は9月分と10月分でしたので、これが関係しているのでは?と推察されます

 

したがって、今回のアップには、上記のちょうど9月と10月で異なる手数料が適用されたことと、商品の個数増が関係していると考えられました。

 

今回もとても勉強になりました。

規格が大きな商品はやはり保管手数料も高くなっていましたので、規格が小さな利益が出る商品を出来だけ狙う。

商品の回転が速くないと、保管手数料を払うだけになってしまう。

 

自分がどれだけの保管手数料を支払っているか、きちんと把握しておく。

当たり前のことですが、中々日々の忙しさにかまけて、忘れがちです。

 

そういったことを意識しながら、副業せどりに取り組みたいですね

特に初心者せどらーは、本当に要注意です!

 

 

関連記事はこちらから。

副業にせどりを選ぶまでの軌跡

古物商許可を得ようと思った理由

せどり初心者必見!古物商許可の申請方法

副業せどり初心者必見!100個出品すると毎日1品以上売れるの法則は如何に!?

スポンサーリンク

-古本せどり