雑記

古い原付を円満に買い取ってもらう方法

先日、原付(原動機付自転車)を売りました
1年前に交通事故を起こして壊れて使わなくなった原付です。
走行距離は13万キロを超えていましたが何と売れたのです。

 

買い取ってくださった業者さん、見積もりに来てくださった業者の双方がこのように言われました。

 

原付で10万キロを走ってる物は基本的に無料引き取りか
むしろお金を払ってもらい持って帰ってもらうレベルです。

と。

 

走らない上に、走行距離がゆうに10万キロを超える
1年以上も使っていない原付を快く買い取ってもらうその方法とは。
1,000円という安値でしたが、

 

買い取っていただいたことが奇跡なのです。

この小さな奇跡の物語をどうぞご覧ください。

 

 

目次

 

1 原付の買取り相場をチェック

 

2 一括査定で申し込み

 

3 2社以上の業者に査定・見積をしてもらう

 

 

 

1 原付の買取り相場をチェック

  

以前、私は車を売ったことがありました。その経験からこの原付の買取り相場を調べました
そう、業者さんは私たちが素人だと思って相場よりも大分安い値段で交渉してくることを私は知っていたのです。
インターネットで「原付 買取り 価格」くらいの文言で検索し買取り相場を検索できるページが見つけ相場を確認しました。

 

私の原付ヤマハJOGは、相場では買取り価格が1万〜4万円程度でした。ただこの相場は「事故等がなく問題なく走って、走行距離が3万キロ以内」程度を想定しているものと思われます。
今回の業者さんが原付は走行距離が3万キロを超えると値段が下がるとおっしゃっていました。

 

自分の原付がだいたいこのくらいの値段で売れるというのを認識した上で次の作業に移ります。

 

 

2 一括査定で申し込み

 

次に「原付 一括査定」くらいの文言で再度インターネットで検索しました。すると無料で複数の業者さんに一括査定できるページがあったので、そこに原付情報等を入力しました。すると該当業者がピックアップされ数時間以内に電話かメールで連絡がある旨の記載が表示されました。

 

私の場合、数時間の間に3社から連絡があって、その内1社からは電話での原付情報の聞き取りがあった後、
「当社では、その状態だと1万5,000円をお支払い頂いて持って帰らせてもらう事になります。」とのことでした。
この1社は丁重にお断りをして残りの2社に査定と見積もりをして頂くことになりました。
電話連絡の時に、原付が壊れていること、走行距離が10万キロを超えることは伝え、2社に同じ日の、同じ時間に査定に来てくださるように伝えました。

 

この同じ日時に同時査定してもらうことが今回の買い取ってもらうポイントです。

 

さらに別業者さんが同じ日時に来られますということは、あらかじめ伝えておきます。当日に業者さんが混乱しないように配慮します。

 

 

3 2社以上の業者に査定・見積をしてもらう

 

査定当日、担当者がじゃっきー家に来られて査定してくださいます。2社来られますが、来られた順に査定してもらいます。

 

この時に決して1社ずつの相談にのらない事です。

 

失敗談なのですが私、1度車を売った時にこの相談にのってしまったんです。

 

ご主人ちょっといいですか、
「査定した値段より、さらにコレだけ出すのでこの値段で決めてください今ここで決めてくれたら、もう一回上司に相談してもう少し出してもらいます。」と。その話にのってしまった私
1社が抜け駆けして、私が決めた事にもう1社が怒ってしまい最悪の査定現場に。怒った1社が帰ってしまうと、残った1社の営業マンは「上司に電話したんですが、さっきの値段が限界みたいです。」と値段は上がらず。

 

あー、失敗した。

 
と思いました。

さっきの値段がさらに上がる訳ないですよね。だって競う相手が帰っちゃったんですもの
冷静さを欠いていたこの失敗。この後、この業者さんにもお断りの連絡をして結局車を売りませんでした。

 

同じ過ちは繰り返したくない。

 

今回の原付の買取りは、その場で2社同時に買取り値段を発表してもらいました。

 

A社「どんなに頑張っても1,000円です。」

  

B社「うちは無料買取りが精一杯です。他社さんがいるので頑張りたくて上司とかけ合うのですが、無料買取りが精一杯と言われました。よく1,000円出せましたね。笑」

 

A社「ありがとうございます。そうしたら今回は当社が買い取らせて頂くということで宜しいでしょうか。」

 

私「はい、是非!」となりました。

 

 

今回の私の原付価格相場はマイナス15,000円〜無料買取り
それがプラス1,000円の買取りとなったのです。

 

ね、奇跡でしょ(笑)

  

小さな小さな奇跡です。私、これですごい満足感を味わえました人間ってちっぽけなことでこんなに幸せ味わえるんですね
A社さんに1,000円も出して頂いてありがとうございますと
感謝を述べると、A社さんは

 

他社さんが居たんで頑張りました。
と笑って答えてくださりました。

 

私は1,000円で売れた喜びを妻に伝えると
(笑)のLINEが返ってきました。

皆が笑ったすご〜く円満な査定。こんな査定も出来るんだなぁとホッとして、ほっこりしました。
皆さんも素敵な査定ができますように、心より願っています。

 

ではまた。

 

目次へ戻る

スポンサーリンク

-雑記