古本せどり

古本せどりであなたの仕入れ場所に古本市場が入っていますか?

今日は近くの古本市場に仕入れに行ってきました。

皆さん、古本市場ってご存知でしょうか。

関西に住んでいる私にとってはブックオフと並んだ古豪です。

車で5分圏内にあって駐車場も広く私には最高の立地にあります。

 

そんな古本市場ですが、最近はもっぱらブックオフに仕入れ先を

移していまして、3カ月ぶりに訪れました。

本日は古本市場の良さを皆さんにお話ししようと思います。

 

何と言ってもせどらーに優しい

私の仕入れはバーコードリーダーを使って本を検索していきます。

古本屋さんによってはバーコードリーダーを使っていると注意を受けるお店がありますが、

古本市場はその点について寛大な気がします。

あくまで私の感覚ですが、 今までに注意を受けたことがなく、

バーコードリーダーの使用をあまり気にすることなくスキャンすることができます。

もしかしたら、せどらー自体が古本市場を仕入れ対象にしている割合が少ないからかもしれません。

 

バーコードリーダーの使用に神経を研ぎ澄ませてスキャンしているのと比較すると随分と気持ちが軽くいられます。

もちろん、店員さんや他のお客さんのご迷惑にならないように十分気を付けるのは他店で仕入れている時となんら変わりません。

ただ、バーコードリーダーを注意されることが少ないと感じるのは大きなメリットじゃないかなと思っています。

 

古本市場の80円コーナーが熱い

噓のような話ですが、めっちゃ安く単行本を仕入れることができます。

古本市場には80円コーナーがありまして、プラス税の88円で単行本1冊をかなりお得に仕入れることができます。

たまーに、え???と目を疑うような高額利益本を仕入れられることがあります。

 

私は過去に何度がそれを経験していまして、そのお宝本がヒットして売れた時には手が震えます。

88円で仕入れた本が100倍以上の値段になることだってあるんですよ。

嘘のような本当の話です。

売れた時には思わずガッツポーズではなく、ご購入いただいた方に恐れ多く合掌になります。

 

しかもです!ここ最近では今まで88円でも激安だった単行本が

なんと税込み80円へ移行しています!

もう安すぎます。そんな値段で仕入れさせていただいて良いのでしょうか。

私のような薄利多売を基本としている者は、この8円の差がめっちゃ大きいんです。

 

あぁ。ありがとうございます。古本市場さま。

私はまた仕入れに来させていただきますと、こうなってしまします。ここでも合掌でございますよ、本当に。

私、今日は23冊仕入れをしましたが、合計金額がなんと

1866円。

本当は時価1,000円とかする単行本や新書の23冊が2,000円切って仕入れられるなんて感謝の言葉以外ありません。

安く仕入れて高く売る。この商売の醍醐味を味合わせてくれます。

 

実はし易いプロパー仕入れ

プロパーと言いますと、まだ相場の適正価格で売られている古本のこと

仕入れる側からすると仕入れ資金を圧迫しちゃうので単Cや80円コーナーに行ってしまいます。

仕入れ資金に余裕が出てきたりすると、ちょっと見てみようかなぁと興味が沸いてくる感じでしょうか。

 

実は私、少し前に古本市場のプロパー仕入れに重点を置いていた時期がありまして、どんどん仕入れていたのですが、

損切商品が多くなってくると、その損切額が大きくなることに気が付き一旦プロパー仕入れから手を引いている現状です。

今はブックオフの単Cと古本市場の80円コーナーでの仕入れに落ち着いている次第です。

 

そんなプロパー仕入れですが、実は古本市場のプロパーは値段も比較的高くなくて仕入れ易かったりします。

税込み385円をベースに440円、550円、770円といった感じで

プロパーとしては割と安価で仕入れられます。

本の状態も良いものが多いので、仕入れ資金が豊富になってきて古本市場も挑戦してみようかなと考えている方や気になるという方は少し覗いてみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

いかかでしたでしょうか。古本市場の魅力を少しはお伝えすることができたと思います。

本記事をお読みいただいて、皆さんのお近くに古本市場があるけど行ったことがないなぁと思われている方がいらっしゃれば、ぜひ一度は足を運んで見られてはいかかでしょう?

そこには80円でとんでもないお宝が眠っているかもしれません。

行動した時に訪れる幸運。明日、いや今日にもあなたに訪れるかもしれません。

ではまた。

スポンサーリンク

-古本せどり

© 2021 じゃっきーのブログ