雑記

家族に存在感をアピールできるパパの家事3選

妻に家事を任せっきり、「オレは外でたんまり稼いでるから家では何もしない。」なんて言ってる男性。

妻から知り合いの旦那さんがそんな感じと聞いて驚きまして筆を取りました。
今だにそんなパパさんがいるなんて驚愕の事実ですね。

 

踏ん反りかえってられるのは今の内だけ。
オレ様旦那の介護が必要になったときに、誰があんたのオムツを変えたいと思うんでしょうか?

 

今の内に心入れ替えて行動しないと家族にそっぽ向かれて置いてきぼりになりますよ〜。
ってこのご時世ですのでオレ様旦那も少なくなってきてるとは思いますが、本日は私が実践している家事の中から3つご紹介したいと思います。

この3つは私の役割なので妻には渡しません。

 

 

目次

 

1 お風呂掃除

 

2 ゴミ捨て

 

3 洗濯物干し

 

 

 

1 お風呂掃除

 

お風呂好きな私。毎日湯船に浸かるのが日課でございます。
シャワーじゃ疲れ取れないんですよねーと言われる方、共感いたします!

 

それもあってか、またシャワー派の妻という事もあり、毎日せっせと湯船を洗います。湯船って洗うの面倒だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなに大変じゃないんです。

 

まず浴槽をシャワーします。バス用クリーナーを浴槽にシュッシュします。浴槽内側のサイド、底、サイドさらにサイド、サイド、縁の順でささっと洗います。

そして湯口と湯口カバーを洗います。お風呂の湯が出てくる部分です。これを洗わない人が多い見たいなのですが、私は妻からきちんと洗うように教わりました。

 

家の5年目点検の時にメーカーさんが、湯口カバーを開けながらココを洗わない家庭が多いんですよと言いながら、
開けてみるとキレイだった湯口に驚いてました。ええ、妻に教育されてます。しかもそれをよく守る男です。変に真面目です。

 

そんなキレイになった湯船でお風呂に浸かる贅沢です。
そんなお風呂掃除ですが特に子どもたちからお風呂洗ってくれてありがとうという言葉はありません。妻からもたまーにありがとうくらいですけど、

 

家事は感謝を求めず、自分がやりたいからやる精神でやってます。家庭での自分の存在を示すじゃないですけど、これはお父さんがいてくれなきゃ大変という場所を作りたいんです。

 

私が子どもの頃、当たり前のように母や祖母がしてくれてたお風呂掃除。「お風呂出来たよー。」の前にこんな家事があったんだなぁと思ってます。

「お風呂掃除ありがとう。」と母や祖母に言いたかったです。今の私なら言えるのになぁ。

 

たくさんの家事をしてくれてる妻への感謝をしっかり言えるようになりますし、そう思う事が増えます。大変なのが分かるので無理強いもしません。

お風呂好きなパパさん、よければお風呂掃除毎日やりませんか?

 

 

2 ゴミ捨て

 

ご近所でも通勤前にゴミ捨てをして通勤されてるパパさんはよく見かけます。ゴミ捨てだけでも助かる〜と思われる奥様もたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、我が家の教育では、ゴミ捨ては家のゴミ集めから始まると妻から教わりました。

 

ここでも私の家庭で自分の存在を示す精神が全面に出てきまして、ゴミ捨て日を忘れず朝8時半頃に出せるように動き出します。

 

キッチンの我が家の主要ゴミ箱を皮切りに、リビングのゴミ箱、脱衣所のゴミ箱、2階のゴミ箱を集めて回って、自治体専用のゴミ袋にまとめます。キッチンの生ゴミだけ妻に集めてもらうとそれを加えてゴミステーションへ持って行きます。

 

ここでパパがゴミ捨てに行くメリットが1つあります。パパは少々パジャマで行ったって、ジャージで行ったって大丈夫という事です。ママは化粧であったり、着替えであったり準備がありますもんね。

 

少しだけ早く起きてゴミ捨てに行く。朝は清々しいですし、ご近所さんとも顔見知りになれます。顔見知りになればご近所トラブルの軽減につながるかもしれません。顔見知りだと許せる所も多くなりますのでね。

この前、「〇〇くんが夜勤で居なかったから、朝ゴミ捨て大変だったー。」と言われた事もあります。着実に私専売の家事が増えています。

 

 

3 洗濯物干し

 

洗濯物を洗うまでは妻がしてくれます。洗濯機が止まってからが私の出番です。まずネットに入った洗濯物を取り出しランドリーバスケットに入れます。その他の洗濯物もバスケットに入れていざ出陣です。

 

洗濯物を干し始める前に除湿器の水を捨てます。我が家は家干しがメインです。除湿器の準備が出来ると、さあ干すのを開始します。

 

と、その前に私はYouTube動画を準備して再生します。洗濯物干しが好きになった理由は、YouTubeで興味ある動画を聴きながら学習できる機会になるからです。洗濯物を干してる時ってすごく集中して聴けるんですよ。絶好の学びの時間を得ました。

洗濯物を干せる上に、学びも出来る時間なんてまたまた贅沢な時間です。皆さんも一度お試しくださいませ。

 

洗濯物干しはほぼ毎日の家事です。洗濯物を干し終わった後は妻からよく感謝されます。紹介した3つの中では1番感謝率が高いです。

 

感謝を求めず自分がやりたいからやる精神でやっていますが、ありがとうの一言でまたやろうと思います。
家事+アルファで何か出来る事が見つかると進んで家事できますね。

 

 

以上、家族に存在感をアピールできるパパの家事3選をご紹介しました。私がやっている家事の内3つを選んでご紹介させていただきました。

 

仕事が忙しくって妻に家事を任せっきりという方もいれば、積極的にどんどん家事してますよという方もいらっしゃると思います。

 

家事って普段の生活の当たり前なので、感謝を伝えにくいし伝わりにくい仕事である気がします。家族に感謝を求めずやっていますが、「ありがとう」の言葉はやはり嬉しいものです。
たくさん頑張っている妻にはいっぱいのありがとうを伝えていかなければなりませんね。

 

あと将来の家庭での自分の居場所の確立をしておくことも大切ですよね。私は将来妻と2人でいろんな所に行きたいので、家事もしっかりやって家庭に自分の居場所があって、この部分は私、あの部分は妻という感じで補い合いながら生活して仲良くしとこうと思っています。

 

ふと、こんな当たり前が出来て幸せな日々だなと感じることもあります。これは悟りみたいですが(笑)

 

これからは家事をたくさん頑張ってる妻にもっと感謝を伝えていきます。私は感謝を求めず自分がやりたい家事を増やしていきます。良いことばかり言っていますが、決して私は聖人君子ではありません。自分が出来る範囲から家事を頑張っていきますね。

 

普段の当たり前の事にどんどん自分を投入していって、夫婦であれば当たり前を片方に押し付けない関係が出来れば最高ですね。

 

ではまた。

 

目次へ戻る

スポンサーリンク

-雑記

© 2021 じゃっきーのブログ