古本せどり

必見!セット本のコンディションは重要です。

副業でせどりを選び「セット本」に特化して歩み始めた、

せどり2カ月目の私です。

 

やっと、商品の仕入れのコツが分かってきて、ポツポツと売れ始めています。

 

そんな私の副業生活で、稼ぎ出すまでを、文章にして書き残していこうと思います。

なんとなくで結構ですので、応援してくだされば、大変うれしく思います。

 

では、本業の看護師を17時に終え、18時ごろに帰宅です。

休むことなく、副業の仕事場である家の2階へレッツゴーです。

せどりを楽しんでやってますので、この時点では、ワクワクしかないです。

 

今日は、セット本の値札はがしと、検品にてコンディションの確認をします。

先ほど3セット作業しました。

 

せどり全般で、言えることなのですが、セット本のコンディションも、売り上げに大変深く関わってきます。

 

今日は、ブックオフで買ってきた、セット本2個と、

古本市場で購入した、単行本1冊ずつ(いわゆる、ブックオフでいう単C)をまとめてセット本にした1個、

計3セットの値札はがしと、コンディション確認をしました。

 

値札はがしについては、また次の機会にお話しようと思いますので、

今回はコンディションについてお話します。

 

 

セット本せどりでもコンディションは超重要です!

 

まずは1個目のセット本。ブックオフで梱包されたOPPフィルム上から見た感じでは、表紙に破れ、傷、などなく、

内容ページの上下横は、経年のヤケはあるものの「良い」で商品を出せそうでした。

 

OPPフィルムを慎重にはがして、内容ページのコンディションを確認していきます。

1~7巻までは、「非常に良い」の状態にできるかも?くらいのコンディションでした。

しかし、8巻の裏表紙に極小さなものですが、シミが。。。

 

これを見つけた時の、私のテンションの下がり方は、ほんまに半端ないっす。

非常に良い状態の夢は消え、一気に「可」にするか迷うくらいです。

 

さらに、追い打ちをかけるように、9巻では、写真をお見せできないのが残念ですが、

数ページにわたって、黄色の直径5ミリ円大のシミが。

 

もう、この時点で、私の心は放心状態です。

稼ごうと思って購入した商品ですが、購入したお客様が不快にならないように、説明を加え、写真を付け、

納得いただいてから購入していただけるように細心の注意が必要な商品となりました。

 

もう、がっくりです。

ですが、セット本を購入したら、時々あることなので、本当に要注意です。

なんせ、古本屋でセットで売られている時点では、中身を確認することができないから、こういう事が起こります。

 

 

次に、単行本1冊ずつで買ったものを検品しました。

こちらは、自分で購入前に検品できるので、セット本購入のようなリスクは軽減できます。

しかし!

 

なんと、4巻の裏表紙に折れを発見。がーんです。

自分なら、これを「非常に良い」で出したくない。

ショックを受けていると、表紙に小さな黒点を発見。

ティッシュペーパーを使って、拭くも、爪が当たっていることに気づき、自分で表紙に傷をつける始末。

 

 

心折れそうになりながらも、最後のセット本が「非常に良い」の状態で出品できそうなので、気持ちを持ち直しました。

 

単行本で買った4巻は、買い替えようと思います。

明日も引き続き、値札はがしと、コンディションの確認を行っていきます。

 

では、また次回に。

 

 

関連記事はこちらから。

副業にせどりを選ぶまでの軌跡

古物商許可を得ようと思った理由

せどり初心者必見!古物商許可の申請方法

スポンサーリンク

-古本せどり