おすすめの商品

贈り物やお土産に最適!愛媛県西条市小松町の銘菓「よし乃餅(よしの餅)」の魅力をご紹介

出張で愛媛県に来たけど、お土産は決まって坊ちゃん団子や母恵夢、そして一六タルト。
いつもとは違ったお土産がないかなぁ。
愛媛県の出身だけど何か素敵なお土産がないかな~。
じゃっきー
愛媛のお土産や贈り物にお悩みのそこのあなた。
じゃっきー
私がそのお悩みを解決しましょう。

まだあまり知られていない銘菓があるのをご存知ですか。

それが愛媛県西条市小松町にある、めしや菓舗の

小松銘菓 よし乃餅

じゃっきー
知る人ぞ知る銘菓でして、愛媛県の贈り物やお土産をお探しのあなたにピッタリなんです。

ぜひ、贈り物・お土産をお探しのあなたも一度はご賞味頂ければと思います。

 

目次

 

よし乃餅の歴史

よし乃餅を販売している、めしや菓舗は天保9年、小松八代藩主一柳頼紹侯の時代に創業された老舗です。

めしや菓舗は愛媛県西条市小松町にある

小松は四国八十八ヶ所を巡るお遍路さんが必ず立ち寄る町

よし乃餅は、江戸時代、巡礼中に宿へ泊まるお坊さんを親身にお接待したお礼として伝えられた

じゃっきー
伝統ある餅菓子なんです。

 

よし乃餅の魅力

じゃっきー
ウグイス色のシンプルな箱が厳かで品があり、よし乃餅もひとつずつ梱包されているので見た目が清廉としています。

 

餅菓子としては珍しい一口サイズのお餅

じゃっきー
手のひらに乗せるとこんなに小っちゃくて可愛いんです。

 

中を開けてみると、丸くしたあんを求肥で優しく包んだお餅が登場します。

じゃっきー
持っているだけでその柔らかさが伝わってきます。

参考

求肥(ぎゅうひ)とは:こねた白玉(しらたま)粉に水あめ・砂糖を加えて練り、蒸して、薄いもちのようにした菓子のこと。

 

よし乃餅の中はというと、ぎっしりとあんが詰まっています。

じゃっきー
切った感触では求肥、あん共に柔らかい。

 

実際に食べてみますと、見た目と手で触った感触の通りの柔らかさです。

甘すぎない上品なあんが口の中で求肥とともに溶けていきます。

じゃっきー
パクッと一口でいけちゃうもんですから手が止まりません。

今回はお茶でいただいたのですが、コーヒーで合わせてもとっても良さそうな気がします。

じゃっきー
甘く柔らかい”よし乃餅”にあったかいお茶やブラックコーヒーなんて、ゆったりとした優しい時間を過ごせそうです。

私は子どもの頃から時々よし乃餅を食べる機会があったのですが、

じゃっきー
本当に変わらない伝統の味に驚いています。

 

よし乃餅の値段と賞味期限

よし乃餅のお値段と賞味期限

  • よし乃餅のお値段ですが一箱20個入り640円
  • とてもリーズナブルでちょっとした贈り物やお土産に丁度いい
  • 賞味期限は10日程度なのである程度日持ちはする
じゃっきー
保存方法は、直射日光を避け、お早めにお召し上がり下さいとなっています。

 

アクセス

住所、電話番号、定休日は下記の通りです。

電車:JR伊予小松駅から徒歩10分程度のところ

駐車場:有り

営業時間:9:00~19:30

定休日:木曜日

※食べログ「めしや菓舗」にも情報が掲載されていますので本ブログと併せてご参照ください。

 

まとめ

  • よし乃餅は愛媛県西条市小松町のめしや菓舗で販売
  • めしや菓舗は江戸時代に創業された老舗の和菓子店
  • 箱はウグイス色でシンプルな上に品がある
  • 餅菓子はひとつずつ梱包されている
  • 珍しい一口サイズのお餅
  • 口の中で甘すぎない上品なあんが求肥とともに溶けていく優しい仕上がり
  • お値段も1箱20個入りが640円ととてもリーズナブル

じゃっきー
お茶にもコーヒーにも合う贈り物やお土産に喜ばれる一品です。

ぜひ愛媛県西条市を訪れた際には立ち寄ってご賞味頂ければと思います。

 

おまけ

めしや菓舗ではよし乃餅以外にもおはぎが有名のようです。

じゃっきー
私は食べたことがないのですが、訪れた時には是非とも食べてみたいところです。

また、めしや菓舗の近くには、よし乃餅の名前の由来となったお遍路さんが参拝する四国八十八カ所霊場の一つである香園寺(第61番札所)があります。

ご興味がある方はご参拝くださいませ。

じゃっきー
以上、贈り物やお土産に最適!愛媛県西条市小松町の銘菓「よし乃餅(よしの餅)」の魅力をご紹介でした。

機会がありましたら、ぜひ小松の銘菓をご賞味くださいませ。

じゃっきー
ではまた。

 

目次へ戻る

スポンサーリンク

-おすすめの商品