旅行・レジャー

赤穂海浜公園に行きました。

令和2年9月22日に兵庫県赤穂市にある赤穂海浜公園に行ってきました。

新型コロナウイルスの影響で県外へ家族で出かけるのは控えています。

はい、私看護師をやっていますので、患者さんの命が最優先です。

 

なので、今年はウイルスに対するワクチンや薬ができるまで、県内を思う存分楽しもうじゃないのということになりました。

兵庫県と言えども県内は広し。まだまだ未開の地が多いのです。

はい。それもそのはず私、四国の愛媛県出身。

さらに兵庫県に9年前に来るまでは、京都、岡山、大阪と関西と中国地方を転々としていたのです。

 

コロナウイルスの影響で大変なことがたくさんですが、

これも持ち前のプラス思考で楽しんでいこうかな~と思えるようになりました。

今現在、コロナウイルスが日本では小康状態といった感じだからでしょうね。

海外みたいに感染が増え続けているって状況でもありませんものね。

 

日本は今やGo to travel。

私ども医療者も細心の注意を払いながらストレス発散をしていく必要がありますもんね。医療者と言えど人間です。自分の健康も守らないといけません。

というか、自分が心身ともに健康でなければ患者さんやその家族をケアすることなど不可能でございます。

って何の難しい話をしているのでしょう。

どうも真っすぐに赤穂海浜公園の話に行けません(笑)。

おしゃべり好きのじゃっきーは雑談をさせたらいつまでも話をしていますので(笑)。

って早く公園の話をしろですよね。

 

 

なぜ赤穂を選んだかと言いますと、行ったことがなかったからです。

赤穂って牡蠣、赤穂浪士って良いイメージがあります。

妻に赤穂浪士やなって話すと、「何それ?」って言われました。何で赤穂浪士を知らんねーん!ってつい心の中で叫んでしまいました(笑)。

大石内蔵助に吉良上野介じゃいと話すと?が3つに増えていましたので

それ以上突っ込まずに話が流れていきました。

 

大体じゃっきー家は支度が遅く、早く出発するぞー!と皆で意気込んではいるのですが、車で2時間かけて着くと既に13時前でございました。

途中ファミマでファミチキと肉まん買って道中で食べておいて良かったです。

それがお昼ごはんの代わりです。

皆さんのお出かけもこんな感じでしょうか。いや、これはないですよね(笑)。

時間にルーズなのを少しだけ見直さなきゃですね。

 

赤穂海浜公園では私たちはもちろん無料で遊べるわんぱく公園を選びました。

ここでひとつポイントなのですが、わんぱく公園で遊ぶなら北駐車場よりも

西駐車場

に車を止めるのが最適です。

北駐車場からだとわんぱく公園までが遠いです。小さなお子様を連れた家族だと抱っこしていかなければなりませんよね。そんなご家族には西駐車場がおススメです。

 

なぜじゃっきー家がそんなことを知っているのかというと、

妻が事前にどなたかのブログを見て、

「西駐車場が良いって書いてあったで~。」と言ったからです。

妻はそういうところが抜け目なく頼りになります。ただ、どこのブログで見たのかが分からないと言っておりましたが。

西駐車場へは赤穂高校北の交差点をオートキャンプ場(海側)へ向かって車で走ってくださいね。私の感覚で赤穂高校北を左折です。

 

 

さて、公園に着くとすぐ目の前に見えてくるのは大きな沈没船 (正式名称は難破船だそうです。) のアスレチック遊具です。いくつかアスレチック遊具があるのですが、ひと際目を引きます。

子どもたちは一目散に沈没船へ走っていきました。

特に次男は、いつもそんなに走りが早い方ではありませんが、遊具を見た時には目が輝き誰よりも速く走っていきます。その姿が可愛くて仕方ありません(笑)。

 

沈没船には吊り橋があって、ちょっとした展望台があって

そして滑り台があってと子ども心をくすぐる遊具です。

次男が1年生で怖がりなので一緒に遊んできましたが、大人も一緒になって

遊べます。ぜひお子様がいらっしゃる方はご一緒に楽しんであげてくださいね。

 

次に遊んだのは、砦と呼ばれる遊具です。

ロープを網目状に張り巡らした遊具で、それが砦のような形になっています。

子どもたちは夢中で砦のてっぺんを目指して登っていきます。

途中で踊り場のようになっているのですが、そこから見た瀬戸内海の景色が

休日のパパ・ママの心を癒してくれるでしょう。

 

ただし、この遊具。小さなお子様はご注意くださいませ。

小学校3~5年生くらいのお兄ちゃん、お姉ちゃんがいまして勢いよく上から飛び降りてくる様子が見受けられました。

ロープが波状になりますので、小さなお子様は移動が出来なくなってしまいます。ケガをしないように十分に気を付けて遊んでください。

 

 

15時頃に長男が「スワンボートに乗りたい。お父さん行こう。」と

言ってきました。確かにずっと遊具から大きな池が見えており、スワンボートがたくさん出ておりました。おー!面白そう。乗りたい乗りたい。

早速妻をレジャーシートに残し3人で様子を見に向かいましたが、なんと

1時間待ち。

16時には赤穂海浜公園を出発して赤穂のデザートを食べに行こうとしていたじゃっきー家に衝撃が走りました。

そんなに待てないため、今回スワンボートは諦めました。

スワンボートに乗ろうかなぁと考えてる皆様はぜひ先に予約をして公園で遊ぶことをお勧めします。

 

16時になって帰り支度を整えると妻が、

「はーい、写真タイムでーす。」と。なんで帰る間際に写真タイム⁉

いつもは遊んでいる最中にある写真タイムが、写真不足のため

帰る間際に実行されました(笑)。

子どもたちの笑顔の協力もあり、何とか20分程度で完了!

 

しかし!もう16時半。

実は「きらきら坂」という観光名所があるらしく、そこでスイーツを堪能する予定がきらきら坂が17時までという妻からの悲報。

写真タイムのためにきらきら坂が犠牲になるというとんでもないハプニングとなりました。

急遽、妻がインスタグラムで見つけたアイスクレープを食べに行くことに。

 

車で10分程度走ったところに

「かみや製菓本舗」さんがありました。

かみや製菓本舗さんのアイスクレープは有名みたいで、クレープの種類も

いちご、モンブラン、ショコラの3種類から選べます。

チョコ好きの私としましては、迷わずショコラだったのですが

本日はモンブランとショコラが売り切れとのこで。

いちごを美味しくいただきました。

アイスクレープはひんやりふんわりで美味しいです。いちごの酸味が合う。

コーヒーと合わせると最高じゃないかと思いました。

 

 

そんなこんなの赤穂海浜公園の弾丸ツアー。

皆様どうでしたでしょうか。

私は子どもたちと妻のたくさんの笑顔が見れて行って良かった~と思ってます。

子どもたちにはやっぱり公園が似合いますね。

こういう時間を作るために古本せどりで財布に余裕を作ってるんだなぁと複業の大切さを実感しました。

複業でおこずかいができると心に少しずつ余裕が出てきます。

こんな素敵な時間を作り出せるなら、複業って決して悪くないですよね。

ではまた。

スポンサーリンク

-旅行・レジャー

© 2021 じゃっきーのブログ