ブログ

初心者必見!!WordPressを更新前のバージョンに戻す方法。

WordPressをバージョンアップ(更新)前に戻す4つの手順をご紹介します。

 

▼目次

 

序章 WordPressを最新バージョンに更新すると突如バグが出現

 

①戻したいバージョンをダウンロード

 

②FTPソフトをダウンロードして接続

 

③不要なファイルの削除

 

④戻したいバージョンをアップロード

 

元のバージョンに復元完了!

 

 

序章 WordPressを最新バージョンに更新すると突如バグが出現

 

本日、WordPress最新バージョンの更新が来ていたので、

迷わず更新をクリックしました。

5.2バージョンから5.3バージョンへ数分で更新完了。

 

さー、今日の記事を書こうと思ったら、

「あら?空行にするアルファベット文字が出ないなぁ」と違和感を覚えながら、記事を書き進めます。

あっという間にパソコン画面の一番下まで書け、次に改行しました。

 

通常なら、改行と同時に画面が進み、文字がどんどん見えるようにスクロールされます。

 

 

しかし!!

改行したところで、一文字書こうとキーボードを押すと、

なぜか書き始めの表題の画面まで、上に一気にスクロールされました。

 

「!!!!」

え?何々なに?更新がうまくいってなかったのかな?

再インストールを試みるも、事態は変わらずです。

 

この状況では記事が書けないじゃん!

 

だって、一番下まで書いて改行して、文字を書こうとすると、一番最初に飛ばされるんですもの!

 

段々イライラしてきて、同じような人がいないか、

キーワードを「WordPress 投稿 勝手にスクロール」

スマホで検索すると、その解消法がブログで紹介されていました。

 

検索すれば、同じ悩みを持っている人いるんですよねー!

なんかほんとにググれば、何でもわかる時代ですね。

 

関心してる余裕もほどほどに、簡単に解決できそうな方法を

紹介していました。

 

その方法は、

WordPressの編集画面に入り、「投稿」→「投稿一覧」から、編集したい記事の「編集」をクリックする。その後、画面の右上にある「表示オプション」をクリックし、「追加設定」の「最大行表示エディターと集中執筆モード機能を有効化します。」のチェックを外す。

という至極簡単な解決法でした。

 

なんだ、楽勝じゃんと思いましたが、私のブログではその「表示オプション」が何度やっても出なかったのです。泣

 

下記のように表示されるはずが、

 

私の投稿記事で編集画面にすると、

 こうなってしまい(なぜ、出ない!)、どうしたらいいのと心の中で叫びました。

 

しかも、このようなバージョンアップにおけるバグの根本的解決は、WordPressが次回アップデートされるのを待つことになってしまう

とのことで、そんなに気長に待つことができません。

 

 

この時点で、私の意識は、ブログの継続までも危ぶまれる状況になっていました。

 

 

なんとか前バージョンに戻れないものだろうか?

 

 

前バージョンに戻れないものだろうかと考え、またググります。

「WordPress 更新 元に戻す」をキーワードとして検索すると、

もちろん、同じ悩みを解決した先人たちに出会いました。

 

 

WordPressをバージョンアップ(更新)前に戻す方法

 

WordPressをバージョンアップ(更新)前に戻す方法は、以下の4つの過程から成ります。

今までのブログがぶっ飛んだら、どうしようとの思いもありましたが、私は初心者で日も浅い。

このバグでは、ブログが続けられないという意志が勝ち、試みました。

 

できれば、この方法を行う前に、ブログ歴が浅い・長いに関係なく、今のデータのバックアップをしておくことをおススメします!

 

①戻したいバージョンをダウンロード

 

②FTPソフトをダウンロードして接続

 

③不要なファイルの削除

 

④戻したいバージョンをアップロード

 

 

①戻したいバージョンをダウンロード

 

まずは、自分が元に戻したいWordPressのバージョンをダウンロードします。

 

「WordPress リリースアーカイブ一覧」をキーワードに検索しますと、

このように検索結果が表示されます。

「リリース WordPress.org 日本語」をクリックします。

すると、この画面になりますので、自分が元に戻したいWordPressのバージョンを確認します。

 

私の場合だと、最新バージョンが「5.3」でした。

戻したいバージョンは1カ月前のバージョンの「5.2.3」にしました。

このバージョンは自分で決めます。

1カ月前は全く問題なく使えてたな、という感じで決めました。

 

下記画面になりますので、赤枠「5.2.3」バージョンは、

黄枠「zip」をクリックするとダウンロードできます。

 

下記画面のように圧縮フォルダーでダウンロードできますので、

ダブルクリックして解凍します。

 

すると、「wordpress」という名前のファイルが出てきます。

そのファイルをクリックすると、以下のように今回使うデータが入っています。

この戻したい「5.2.3」バージョン(旧バージョン)のデータから、

.htaccess

.wp-config.php

wp-content(フォルダ)

削除します。(.htaccess、.wp-config.phpはないかもしれません。)

 

消した後のファイル内容は下記のようになります。

 

wp-content(フォルダ)を消す際に、以下のようなエラーが発生してもスキップしてみてください。

「 .htaccess」「.wp-config.php」「wp-content(フォルダ)」を消した後、

一つずつのファイルやテキストを、デスクトップに貼り付けておきましょう。

こんな感じです。

 

 

②FTPソフトをダウンロードして接続

 

次に、自分のパソコンとサーバー(Xserver)を繋げる必要があります。

私は、Xserverを利用していますので、Xserverでお話をさせていただきます。

 

そこで必要になるのがFTPソフトです。

私はFFFTPを使いました。FFFTPは無料でダウンロードできます。

 

キーワードを「FFFTP ダウンロード」として検索すると、

が検索されますので、赤枠の「FFFTP」定番FTPクライアントソフト、をクリックします。

下記ページが表示されますので、

32bit版か64bit版を選択し、ダウンロードします。

 

ちなみに私は、ブログ初心者で始めてから2カ月程度ですので、32bit版でできました。

 

ダウンロードが終わると、デスクトップに下記のアイコンが表示されます。

アイコンをクリックして起動した後、

自分が契約しているサーバーのホスト名、ユーザー名、パスワードを入力します。

パスワード等は、サーバーアカウントの初期設定時に送られてくるメールなどで確認してください。

上記の「ホストの設定名」と「ホスト名」は同じで、サーバー番号を入力します。

ユーザー名はサーバーIDで、パスワードはサーバーパスワードを入力します。

 

「OK」を押すと、自分のパソコンとサーバー(Xserver)が接続され、

このような画面が出てきます。

 画面右側で自分のブログのアドレス(赤枠)ファイルが出ている方が、現在の状態です。

画面左側に出ているテキスト等は、先ほどデスクトップに個々に貼り付けておいた、旧バージョンのデータです。

 

 

③不要なファイルの削除

 

では、自分のアドレスが出ているファイルをクリックして開きます。

すると、「public_html」というファイルが出てくるので、今度はこれをクリックします。

その中で、下記のファイル以外を削除します。

.htaccess

 

.wp-config.php

 

wp-content(フォルダ)

 

この赤枠3つを残します!間違えないようにしてください。復元ができなくなります。

 

 

④戻したいバージョンをアップロード

 

では最後に、戻したいバージョンをアップロードします。

 

具体的にどうするかと言いますと、

FTPソフトの画面の右側(3つだけ残っている)へ

左側の旧バージョンのファイルとテキストを、ドラッグ&ドロップだけです。

(ドラッグ&ドロップとは対象を指定してマウスなどのボタンを押し、押したまま画面上を移動して、希望の位置でボタンを離す操作のことです。)

 

 

元のバージョンに復元完了!

 

さあ、これで復元完了です。

自分のブログページに戻ってみましょう。

 

「データベースの更新が必要です」という画面が出てきたら

「データベースの更新」をクリックしてください。

 

 

元のバージョンへの復元方法は以上になります。

私は、ブログ初心者ですが、先人たちの方法を基に、見事復元できました。

その方法を基にして、私自身のオリジナリティを加えて、さらに超初心者向けの

復元方法をお伝えさせていただきました。

 

先人の方の復元方法と合わせてお読みいただければ、より正確に把握できるかと存じます。

私が経験した本記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

 

 

目次へ戻る

スポンサーリンク

-ブログ