子育て

子どもの体調不良で欠勤する時にあなたが考え行うべき事5選【パパママ必見!】

はじめに

こんにちは。

じゃっきー
私は愛媛県出身で兵庫県にて看護師主任(中間管理職)をしている「じゃっきー」です。

突然ですが、

子どもが風邪を引いたり、体調を崩したりして急に仕事を休まないといけなくなったとき、職場を休みづらいですよね?

じゃっきー
その気持ちほんとにわかります。

わが家では夫の私が正職員で妻がパートの関係上、

子どもの急な体調不良には、妻が対応すること多くなっています

この現状はわが家が特別というわけではなく、

今の日本において、このテーマで悩まれる方はやはり女性の方が多いと思います。

しかし、

「このままではいけない。」

というのが心の隅にあって、

じゃっきー
私は男性として、このテーマを真剣に考えていきたいです。

子育てと仕事がしっかり両立できるように職場を整えることが、

私の管理職としての仕事だと思っています。

 

看護師という職業は女性が多く、

じゃっきー
子育てしながら一生懸命働いてくださっている方も多いです。

私の職場では子育てしながら勤務されている方も多く、いつも楽しそうに働いてくれてます。

今日も

看護師
「あー、楽しかったー!」

と私にニコニコあいさつして帰ってくれたママさん看護師もいます。

ママさん看護師たちは、まだまだ小さなお子さんを育てている方も多く、

もちろん病気で休まれることも多々あります。

 

昨今は、男性でも育休を取得できる等、職場でも子育てへの理解が得られやすくなってきているものの、

じゃっきー
まだまだ理解が得られないといった職場も多いのではないでしょうか。

確かに働く女性が増えていますが、日本の職場での男性比率はまだまだ多く

女性の視点からの理解が得にくいところがあります。

しかし、

じゃっきー
いつまでも古い体質で子育てと仕事が両立できない環境にしていて、

生産性があがるのでしょうか?

私は決して生産性が上がらないと思います

 

看護師で言えば、

病院で働く年齢層は20代と比べて30代の子育て世代がグッと低くなっています

どの職場でも言えると思いますが、

この30代のフレッシュで経験豊富な女性たちが元気いっぱい働けるようにしていく必要がある

と思います。

幸いにも看護師で女性が多いウチの職場は、

子育てしながら働くことにとても理解ある職場だと感じています。

私自身、2児の子育て真っ最中の父親ですので、

じゃっきー
子育ての大変さやその置かれた環境がすごくわかります。

 

今回「管理職の立場」から、子どもさんが体調不良で欠勤する時は、

「これから示す5つの行動をとってほしい。」

と思っていて、

じゃっきー
子育てに柔軟な考えが社会にもっと広がればいいなぁ。」と切に願っています。

 

前置きが長くなりましたが、

以下の5つの項目に意識を向け行動することで、

職場とうまくコミュニケーションをとりながら、しっかりとお休みすることができる

と考えています。

本記事を読んだあなたが、子どもの体調不良時に安心してお休みでき、

お休みの後も元気に職場で働けることを心から応援しています。

 

目次

 

1 家族(子ども)を第一に考え優先する

職場のことを第一に考えたりしていませんか?

じゃっきー
子どもの母親、父親はあなた一人です。

これは紛れもない事実で、あなたの代わりはいません

子どもが体調不良であれば、子どもの調子を最優先に考えていただいて、

休みを取っていただきたいと思っています。

 

自分が休むと迷惑をかけてしまうと誰もが思ってしまうでしょうが、

じゃっきー
あなた一人くらい休んでも仕事は回ります。

私の職場であれば仕事は回りますし、その日の仕事量を減らしてでも回しますので、

仕事のことは気にせず子どもに目を向けてあげてください

 

もし、私の子どもが体調不良で妻が仕事の休みを取れない場合は、

私は子どもを第一に考えて休みを取ります

じゃっきー
子どもの父親ですから当たり前だと思っています。

目次へ戻る

2 休み連絡は電話で行う

最近ではLINEやメール、Twitterといった媒体もあって、

上司に休み連絡をLINEで連絡するといった方がいるのかもしれません。

20代では、電話とLINEの差がないと認識していたり、

時間の使い方が効率的と考えている人もいたりします。

上司の側も連絡をしない無断欠勤よりかは、

「連絡があるだけまだマシ。」

と捉えるかたもいるそうです。

 

しかし、

やはり急なお休みをいただく連絡ですので、

顔を見せて話ができないのですから、

じゃっきー
ちゃんと心を込めた声でお休みを伝えることが礼儀ではないかと思います。

目次へ戻る

3 子どもの病状と休む理由を報告し仕事について確認する

まずは、子どもの状況を報告しましょう。

「申し訳ありません。昨日から子どもに40.0℃の熱が出ていまして、

夜に座薬を入れたのですが、朝も39.0℃と熱が下がりません。」

 

次に、休む理由を伝えます。

「主人も仕事で休むことができず、保育所も37.5℃以上は預かれませんと言われまして。

病院に連れていきたいと思いますので、お休みをさせていただけませんでしょうか。」

  • 自分が休みを取らなければ子どもを看病できないこと
  • 病院に連れていくことができないこと

はっきりと伝えることが大切です。

 

私の職場であれば、

この時点で「仕事に来なさい」という人は誰もいません。

私ならひとつ返事で

じゃっきー
「えー!大丈夫ですか?分かりました、早く病院に連れて行ってあげてくださいね。」

となります。

 

最後に、

あなたがする予定であった仕事等があれば必ず連絡をしておきましょう

「休むことができた」と安心すると、忘れてしまいがちなので注意してくださいね。

それ以外は、上司から確認がなければ、その日の仕事の調整は職場がやってくれますので、

思い切って任せておけば良いと思います。

目次へ戻る

4 休み明けの出勤時は「すみません」よりも「ありがとうございました」

子どもの体調不良で欠勤した時は、どうしても

みんなに迷惑をかけてしまった。

という思いが先行してしまいます。

出勤時に、

「すみません。ご迷惑をおかけしました。子どもも良くなりました。」

と伝えることが多いと思います。

 

しかし、

このままだと「すみません。」というネガティブな発言のままで終わってしまいます

じゃっきー
人は自分の言葉で自分に影響を与えるんです

ネガティブな発言のまま終わると、

今回の子どもの体調不良で欠勤したことが、ネガティブな行動となって自分にインプットされてしまいます

 

じゃっきー
子どもの体調不良で欠勤することは、決してネガティブな行動などではありません

子どもの体調不良のために、親として当然の行動をとったにすぎません

むしろプラスであり、ポジティブな行動です。

 

じゃっきー
もう一度言いますが、人は言葉に影響されます。

特に自分の言葉は一番身近で、一番自分に影響を及ぼします

ですから、休み明けの出勤時には前向きな言葉を用いて、このように伝えれば良いでしょう。

 

「すみません。ご迷惑をおかけしました。子どもも良くなりました。」

その後に、

『ありがとうございました。本当に感謝します。』

感謝の気持ちを添えておきましょう。

 

私の人生の参考書「ありがとうのすごい秘密」の著者:小林正観氏はこう言っています。

自分の力でするのは、3番目か4番目でいい。

最優先に考えるのは甘えること。

甘えられるというのは、それだけでありがたいことなのです。

甘えるのが申し訳ないと思っている人は、なぜ申し訳ないと思うかというと、心の底から「ありがとう」を言わないからです。

甘えて、甘えて、そして心の底から「ありがとう」と言うことができたら、そこで本当にいいコミュニケーションができます。

※「ありがとうのすごい秘密」より引用

周りの人も感謝されて嫌な気持ちになる人は一人もいません

じゃっきー
休みをいただけて感謝しているという気持ちを伝えて、

職場の人たちと心を通わせていくことが大切です。

目次へ戻る

5 パートナーと共に対応する

子どもの急な体調不良で、

じゃっきー
休みを取るのは「非常勤で働いている女性」といった家庭もまだまだ多いのではないでしょうか。

近くに実の両親が居れば、助けを求めることができるかもしれませんが、

実家は遠方で協力が得られない家庭も多いはずです。

そんな時は、

じゃっきー
やはり夫婦の協力が必要不可欠になります。

男性は「奥さんがやって当たり前」という考えを早々に捨て去りましょう。

当たり前のことですが、子どもは二人の子どもです。

どちらか片方に負担がいくのはおかしな話です。

 

これまでさも子育てにずっと関わっていたように話していますが、

実はわたしの子どもが乳児の頃、

じゃっきー
大学教員だった私は、仕事を理由に妻へ大きな負担を背負わせていました

育児、家事全般をほぼ任せきりだったのです。

しかしながら、

じゃっきー
妻がパートで働きに出るようになって、子どもが幼稚園に入った頃から

看護師の現場に戻り、今までの「子育てへの姿勢」を反省し考えを改めました

 

私は元々、子どもたちにしっかり関わりたいという気持ちを持っていました

ですが休みになると自分がしたいことを優先にして、

じゃっきー
子どもと遊ぶことを後回しにしてしまうことも多々ありました。

妻もそういう態度にすごくイライラしていたと思います。

 

しかし、

じゃっきー
ある日のふとした何気ない日常の風景が、私の心を大きく動かしたんです

私には息子が2人いて、長男がもうすぐ幼稚園卒業を間近に控えていました。

朝、2人を自転車に乗せて園まで送っていた時に、子どもたちがとても喜んでいる姿を目にしました

じゃっきー
普段、車で送り迎えをして、会話をする時間もあまりなく通うだけです。

自転車でこうやって2人を乗せて、子どもたちと話をしながら、

3月の春風を感じて通園するのが、もう最後なんだなと思うと、

「ちゃんと父親をやってんのか?」

と自分に問いかけていました。

じゃっきー
後悔しない関わりを子どもたちにしてやらなきゃ、絶対後悔する

って痛感したんです。

 

今、私が子育てで実際にやれていることは、

子育てでやれてること

  • 仕事が休みの日の幼稚園の送り迎え
  • 毎日一緒にお風呂に入る
  • 歯磨き
  • 宿題を見る

です。

家事は、

家事でできていること

  • 洗濯を干すのを手伝う
  • お風呂の掃除
  • 家のゴミ集め・ゴミ捨て
  • 食べた食器を下げる

です。

 

じゃっきー
書いてみると、この程度かと恥ずかしくなる内容ですが、

上記に書いたことは、

「自分の仕事だから妻にはゆずらない」

という意気込みでやっています。

 

子どもが体調不良になったときも同じです。

急な休みは取れないかもしれないけれど、

自分が父親としてできることは何かを常に考え

病院に連れていくなど、パートナーと協力して関わっていくことが重要だと考えます。

目次へ戻る

まとめ

じゃっきー
いかがでしたでしょうか?

「子どもの体調不良で欠勤する時にあなたが考え行うべき事」5選

についてお話させていただきました。

職場の子育てに関する考え方はアップデートされ柔軟にはなってきていますが、

まだまだ理解がなされていないところも多々あると思います。

ただ一つ言えることは、

子どもの親はあなた以外にはおらず他に代わりがいないということです。

そこを中心に考えていただいて、

職場に対しては誠実に対応を取っていただくと十分だと考えています。

本記事を読んだあなたが子どもの体調不良時に安心してお休みでき、

お休みの後も元気に職場で働けることを心から願っています。

じゃっきー
ではまた。

本記事にてオススメした本はこちら!

 

目次へ戻る

スポンサーリンク

-子育て

© 2021 じゃっきーのブログ