オススメの本

時代に乗り遅れるな!「メタバースとは何か」少しずつ勉強していこう!

はじめに

じゃっきー
こんにちは。愛媛県出身で兵庫県にて看護師をしながら情報発信を続けている「じゃっきー」です。
じゃっきー
皆さん、「メタバース」という言葉をご存知でしょうか?
聞いたことはあるけど、よく知らないわ〜。
じゃっきー
という方がほとんどではないでしょうか?

あの米国の大企業でGAFAMガーファムの一角であるFacebook社が社名を「メタバース」にちなんで、メタ・プラットフォームズに社名を変更したのはご承知のとおり。

じゃっきー
なぜわざわざ有名なFacebookという社名を捨てて「メタバース」を取り入れたのか?

それは未来に向けて「メタバースがさまざまな可能性を莫大ばくだいに秘めているから」なんです。

メタバース?何ですかそれ?

という方は、もしかすると時代の潮流に乗り遅れているのかもしれません

私もまさに皆さんと同じく今勉強し始めたばかり。

Facebook社のCEOマーク・ザッカーバーグが社名を「メタ」に変更したとのニュースをTVで見たときに、

「新型コロナウイルスの蔓延まんえんをきっかけとして必ず世界は変わる」

と考え、これは将来に向けて勉強しておく価値があると踏みました。

今回の参考書はこちらの2冊です。

メタバースが初心者にもわかりやすく書かれています。すごく読みやすいです。

NFTについて複数の専門家の意見や見解をまとめた1冊。専門用語が少しむずかしいですが今NFTの最先端をいく内容がおもしろい書籍です。

本日は、

  1. メタバースとは何か
  2. Facebook社はなぜ社名を変えるほどに動いたのか

この2点について学びを深めていこうと思います。

じゃっきー
さあ、今日も一緒に未来への自己投資をしていきましょう!

 

メタバースとは何か

メモ

メタバースとは、SF作家ニール・スティーブンスンによる造語だそうで「インターネット上に構築された仮想の三次元空間でアバターなどを用いて接する環境」と言われています。

私たちは毎日現実と向き合い生活をしています。

じゃっきー
私であれば、看護師をし、一緒に働きたくない同僚や上司と関わり、自分が本当にやりたいと思うことを後回しにして、生活費を稼ぐために働いています。

そんな中で、ふと現実というリアルから離れ、自分と似た価値観をもち、同じような境遇で、同じような目標を持って励まし合いながら、「いいね!」で支え合える場がSNSですよね。

SNSはいわゆる似たもの同士が見つかりやすく集まりやすいため、自分の承認欲求も満たされやすいし、居心地がとても良いわけなんです。

そんな居心地の良さを提供するSNSですが、文字・テキストでの関わりだけであり、SNSとつながっていられるスマホから目を離すと周りは現実です。

じゃっきー
このSNSを超えるもの

それがメタバースなんです。

メタバースではテキストのみの関わりだけでなく、インターネットをとおして仮想空間が提供され、SNSのように居心地が良く、視覚、聴覚、果ては触覚などの五感を通して楽しむことができるようになるかもしれません

さらにその場所でリアルのお金さえも稼ぐことができるようになるとしたら、どうでしょう?

私なら何時間でもメタバースの世界で過ごしてしまいそうです。

目次へ戻る

メタバースの世界に入るにはどうするのか?

そもそもメタバースの仮想空間にどうやって入り込むの?

と疑問をもたれる方もいらっしゃるでしょう?

じゃっきー
想像豊かな皆さんは「こんな感じかな?」と想像されているかもしれませんが、少しだけご説明します。

前述したメタ・プラットフォームズ社(旧フェイスブック社:以降メタ社)はこの仮想空間をヘッドマウントディスプレイで実現していくことを開発中なのだそうです。

VR(バーチャルリアリティ)を表現するのに使う、あの頭からかぶるツール(以下:VRヘッドセット)をご想像くださいね。

しかもメタ社による最新の開発では、VRヘッドセットの画像鮮明度はかなり良くなり、パソコンへ有線で接続しないスタンドアロン型も登場して、メタバースが私たちの普段使用へ限りなく近づいてきているのです。

目次へ戻る

新型コロナウイルス蔓延により変化する世界

日本を含め世界では、これまでもゲームを通して雑談をするということが日常的に行われてきたと言います。

それが新型コロナウイルスの流行によって、より普通の感覚になってきているんです。

じゃっきー
一例をあげると、私の小学生の息子たちはひとつの仮想空間であるゲーム「フォートナイト」を通じて友達とコミュニケーションをとりながら遊んでいるのです。

ひと昔前では考えられなかったことが、ITの進化により指数関数的に実現されているのがわかります。

他には、ゲームに関心のない人でもコロナ禍ではリアルに集まれないので、Zoomで会議や飲み会を開くといったことが一般的に行われるようになりました。

今ではひとつの集会の開催に際して、現実に集まるのか、リモートで行われるのかを確認するくらいは当たり前になってきているのです。

じゃっきー
このような世界になった今日が、新型コロナウイルスの脅威が去ったあと、元のコロナ禍以前のリモートがない世界に果たして戻るのでしょうか?

ある程度は戻るかもしれませんが、リモートで出来ることがたくさんあると分かった今、私たちがその便利さと心地よさを手放すとは思えません

コロナは決して世界から消え去ることはありませんし、コロナ以外の感染症にも今後備えておく必要があるでしょう。

リモートで仕事が出来るし、会議も行える。

じゃっきー
学校の授業だってまかなえてしまうと分かった以上、SNSを超える「仮想空間」を提供できるメタバースには広大な市場が待っているに違いありません

目次へ戻る

メタバースとセットで重要NFT

メタバースと言えばNFT(Non-Fungible Token:代替不可能トークン)というぐらい、NFTにはきちんと注目をしておかなければなりません

じゃっきー
「NFTって何?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、このNFTの正式名称を覚える必要はありません。

なぜなら、数年後にはNFTは、私たちがSNSをソーシャルネットワーキングサービスと略さずに言うのと同じように、日常的に使われることがほぼ約束されているからです。

「NFTはどういうものなのか?」

じゃっきー
これさえ理解しておけば大丈夫です。

NFTを分かりやすく説明すると「世界にひとつだけのデジタル資産」と意訳されます。

ブロックチェーン技術が使われていて、個別の識別サインを記録できます。

今までのデジタル資産は個別識別ができないため、コピーして偽物を作ってしまうことも容易でした。

じゃっきー
しかし、ブロックチェーン技術を用いたNFTは違います。

たとえばNFT化をすることによって、自分が撮った1枚の写真のデジタルデータを世界に唯一のものとして所有できることになるのです。

ブロックチェーンの特徴として、

  1. 改ざん・コピーができない
  2. 価値そのものを移転できる
  3. 追跡可能で誰でも閲覧できる

という3つの特徴があるのです。

こちらもCHECK

ビットコインって何ですか?『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』【書評】

はじめに ビットコインがブームになっている? ビットコインが気になっているけどよく分からない。 ビットコインはブロックチェーンを使っているの? ブロックチェーンってそもそも何なの? じゃっきー こんな ...

続きを見る

つまり、メタバースとセットでなぜNFTが重要になってくるかと言いますと、

メタバースの世界にあるデジタル資産(自分が所有している土地、自分で作った建物やアバター、アバターの服、武器、アイテムなど)がNFT化されると、世界で1個しかない価値あるものになります

NFTは決して改ざんできませんので、同じものは世界にありません。

すると、メタバースで「あの人が着ているピンクの数量限定Tシャツが私も着たい!」と思ったら、メタバースの中で価値あるものとして取引きが行われるようになります。

だんだんとそのような取引きが拡大していくことによって、メタバースの中で経済圏ができていくことになるんです。

メタバースの中で生活が始まり、不動産屋、建築業、雑貨屋、服屋などが生まれビジネスになっていくというのです。

じゃっきー
これが実現されれば、前述したようにかなりの時間をメタバースの中で過ごすという人も出てくることになるでしょう。

巨大なビッグビジネスチャンスがメタバースには眠っています。

目次へ戻る

メタバースはFacebook社が社名を変えるほどの可能性を秘める

これまでお話をしてきたように、メタバースは今の社会構造すら変化させる力をもつテクノロジーです。

Facebook社は、「この大きな力の基盤を押さえておきたい」と社名を変えてまで全力で挑戦しているのです。

じゃっきー
しかし、すでに超一流企業であるメタ社(旧:Facebook社)は、なぜメタバースという新大陸を目指す必要があるのでしょうか?

本によるとメタ社のビジネスはGAFAMの中でも脆弱なのだそうです。

もしGoogleとアップルがアプリストアからFacebookのアプリを排除してしまうと、Facebookには大きな経済的ダメージにつながってしまう。

他社にプラットホームを牛耳られるとはそういうことなのだそうです。

メタ社は、自分たちの揺るがないプラットホームが喉から手がでるほど欲しい。

じゃっきー
そんな思いから社名まで変更してメタバースの開発に挑んでいるのです。

目次へ戻る

まとめ

今後5年以内に誰もが何らかの形でメタバースにいると約束する

リチャード・ケリス(エヌビディア:NVIDIA の Omniverse 開発プラットフォーム担当バイス プレジデント)は言います。

じゃっきー
メタバース事業に関わる専門家がこのように発言しているのを本で目にしたとき、メタバースについて自分も学び考えたことをしっかりと文章化して、皆さんへ伝えていきたいと思いました。

本記事で紹介したことやお伝えしたことは、メタバースに関する情報のごくごく一部でしかありません。

メタバースに関しては、私も何から始めればいいのか、完全に手探りの状態です。

そこでまずは知ることから始めようと本を手に取り読みました

  • メタバースとは何か?
  • メタバースに関わる大企業にはどんな思惑があり何を開発しているのか?
じゃっきー
急速に進んでいる情勢をつかみながら、個人でどういった動きができるのかを考えていきたいと思っています。

高度なテクノロジーですので一足飛びにはいきませんが、少しずつ知識を蓄え理解して、皆さんとともに学びを深めていけたら嬉しいです。

学校や職場、そしてさまざまな仕事がメタバース内でも行われるようになる日は間違いなく遠くない未来にあるはず。

準備を怠らず、私もチャンスをつかみたいと思っています。

じゃっきー
ではまた。

 

本記事の参考書籍はこちら

 

Amazon Kindle Unlimitedがめっちゃ便利でお得

Amazon Kindle Unlimitedは200万冊以上が読み放題の電子書籍です。

じゃっきー
私がどんどん本を読めるのはKindle Unlimitedを使っているからなんです。

月に何冊読んでもいいですから本を読みたい私には最適です。もちろんマンガも読み放題

好きな端末が利用可能で、私はiPhoneでソファーに座ってゆったりと本を読みます。

まさに至高のひとときを味わえます。

自分が重要だなと思う部分には手軽にマーカーできちゃいますし、一度Kindle Unlimitedを閉じて、また開くと読んでいたページから読めるんです。

じゃっきー
このサービスが月980円で受けられるんですからビックリしました。

しかも次からは自動更新で一切手がかかりません

いつでも更新のキャンセル可能ですし。

 

じゃっきー
仕事をしてたら、自分にはまだまだ知識が足りないな〜って思うことありませんか?

私も同じです。

やっぱりそんなときは本を読むしかないんですよね

かといって本屋さんへ行く時間もないし。

じゃっきー
そんな方にピッタリなのはAmazon Kindle Unlimitedです。

ぜひこの機会に一度登録してみてはいかがでしょうか?

サイトを覗くだけでもいいですし、登録してみて使わないなと思えば次回からキャンセルすればいいだけです。

30日間無料キャンペーンなんかもやっているので、そのときに登録すればかなりお得です。

無料期間内にキャンセルしてもその1ヶ月はお試しで利用できますのでね。

メリットが多いのがこのAmazon Kindle Unlimitedです。

下記リンクをクリックすると登録ページに移動します。

Amazon Kindle Unlimitedに登録して好きな本をたくさん読もう!

 

目次へ戻る

スポンサーリンク

-オススメの本