簿記3級 資格(簿記・FP)

簿記3級ネット試験に落ちた!とならないための勉強を習慣にする方法

はじめに

本記事は、簿記3級ネット試験にチャレンジしたいけど、勉強を続けていく自信がないという方に向けて書いています。

本記事を読めば、簿記3級ネット試験の勉強を習慣化できる方法を知ることができ、続けていく自信をつけることができます。

いつも初めは勉強をやる気があるんですけど、続かないんです。

とお悩みじゃありませんか?

最初はやる気マンマンなのに、いざ始めるとそのやる気はどこへやら。

ということはあるあるですよね。

じゃっきー
今日はそんな勉強が続かない・自信がないという方に、勉強が習慣になり続けられる5つの方法をご紹介したいと思います。

5つの方法とは、

勉強が習慣になる5つの方法

  1. まずやめる
  2. みんなに宣言する
  3. やる気に頼らない
  4. 固定化する
  5. トリガーをつくる

です。

これら5つの方法は私が実際に実践している方法であり、これらを用いて簿記3級ネット試験にチャレンジし、2022年3月に合格しました。

具体的な簿記の勉強法の前段階、勉強を習慣にする方法のお話です。

勉強する習慣さえ身につけてしまえば、あとはラクに知識が習得できて合格へ一直線。

初めの大事な一歩を大切に踏み出せるようにサポートさせていただきます。

じゃっきー
では早速いってみましょう!

 

本記事の参考書籍はこちら

どちらも本も人生を有意義に過ごすためにとても有益な本です。

「すごくいい!」と思った内容を、自分の生活に落とし込んで実践しています

 

勉強を習慣にする5つの方法

まずやめる

受験生がはじめにすることは「まずやめる」です。

「やめる」=「時間をつくり出す」

ということをしっかりと理解することから始まります。

自分に与えられた時間は1日24時間、これは人間みな平等です。

となると簿記3級の勉強を毎日1時間やると決めたとき「自分だけが1日25時間になるわけではない。」ということは分かりますよね。

じゃっきー
ではどうすればいいのでしょうか?

今やっている何か」や「自分が好きに使っていた1時間」を簿記3級の勉強時間として使っていくようにするんです。

聞くだけならすごくカンタンに思えるのですが、いざ実行するとなるとこれがまたむずかしい。

自分の習慣を変えるということが、まぁ大変なのです。

じゃっきー
この問題をうまく乗り越えられないから「勉強時間が作れない、そして続かない、私はダメな人間なんだ。」と自分を責めることになります。

私の場合どうしたかというと、

  • 好きなアプリゲームを完全にスマホから削除
  • 趣味のブログを書く時間・散歩をする時間を削る

を実行しました。

ここはもう”簿記3級が勉強したいという強い決意”で「えい!」と行動しましょう。

何としてでも簿記3級に合格したい。」自分の中にその理由があるはずです。

目次へ戻る

みんなに宣言する

何かをやめたあと、すぐにすることがあります

それは、TwitterやフェイスブックなどのSNSや職場など、みんなの前で

「私は簿記3級ネット試験にチャレンジします。」

宣言することです。

人はひとりで頑張ろうと思っても、やっぱりラクなほうへ行ってしまうもの。

じゃっきー
自分の中だけで決意したチャレンジは、カンタンにやぶれてしまうんです。

「今日は勉強しないお休み日にしよう。」とか、勝手に決めてしまったりする。

たとえ決意を破ったとしても、誰のおとがめもなし。

自分ひとりで静かに揉み消してしまえます

じゃっきー
これでは決意が守られ、達成できるはずもありませんよね。

もっと厳しく言えば、自分の中だけの決意は”決意していないことと同じ”なのだとか。

じゃっきー
そうさせないためにも、誰かに見られている”という状況をわざと作っておくのです。

そして、勉強したツイートを定期的にすればいい。

毎日、勉強をはじめる前に「今から勉強します!」ってツイートしたって良いんです。

すると、ときに応援メッセージを受け取ることがあります。

それがまた励みになるのです。

みんなに宣言することで、勉強してないって恥をかかないように、何とか1時間がんばるようになります。

宣言して失敗することが恥ずかしいのではありません。

宣言せずにやらない方が恥ずかしいのです。

じゃっきー
「自分の言葉と周りの応援を裏切りたくない。」その思いが自分を支えてくれるんです。

目次へ戻る

やる気に頼らない

勉強を続けられる人って、よく”やる気”を維持できるな〜。

って思っていませんか?

もちろん、やる気は大事です。

「簿記3級を勉強するぞ!」とやる気にならなければ始められないわけですからね。

しかし、やる気は必ずしぼみます

みなさんも1度や2度は経験があるでしょう。

YouTubeを見て、

私もあの人みたいに頑張るぞ〜!

とか、

本を読んで感動して、

勉強しまくってやる〜!

とか、やる気マンマンだったにもかかわらず、次の日には

「明日からがんばろう。」って自分の気持ちが冷めた経験を。

やる気は必ず上下し、ずっとやる気マンマンを維持するのはむずかしいんです。

ですから、”やる気には頼らない”という考えを持っておくことが大切です。

じゃっきー
「やる気がある日は勉強を1時間する、やる気がない日は勉強をしない。」では勉強が習慣になるわけがないのです。

やる気は一時的な起爆剤として効果的にもちいると考えておいて、やる気が低迷しているときでも続けられる、その方法を習得しておく必要があります。

じゃっきー
これからはやる気をムリやり探す必要はありませんからね。

目次へ戻る

固定化する

では、やる気に頼らない方法をこれからお話していきます。

その1つが伝家の宝刀「固定化する」です。

固定化する?

と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

固定化するとはその名のとおり、カチッと決めてしまうんです。

何を決めてしまうのかというと、私が実践しているのは

  1. 時間を固定化する
  2. 曜日を固定化する

の2つです。

 

時間を固定化する

まず起きる時間と寝る時間を固定化しましょう。

じゃっきー
起きる時間と寝る時間を決めてしまうんです。

するとおのずと勉強できる時間が固定化されます

たとえば、朝5時に起きて、夜22時に寝るとします。

  • 仕事は7:45〜18:00(移動時間をふくむ)
  • 休憩を1時間ほどとって夕食・お風呂19:00〜20:30。

空き時間は

  • 朝5:00〜6:30(朝ごはん、身支度をのぞく)
  • 夜20:30〜21:30

の合計2時間ほどになります。

このうち朝の5:00〜6:30を簿記3級の勉強時間というふうに固定化する。

じゃっきー
やることも「簿記3級の勉強」と決まっているので悩むことがありません。

起きる時間と寝る時間を決めるだけで、勉強の時間まで固定化されます。

じゃっきー
私は看護師なので、夜勤があって不規則な勤務ですが、日勤だろうが夜勤だろうが朝5:00〜6:00まで毎日欠かさずやりました。

はじめのうちは「やる気」に頼って行いますが、2週間もすればその行動が当たり前となります。

やらない方が気持ちわるい。」こうなったらもうけものです。

人は最初「慣れなくていやだなぁ。」と思うもの。

もし職場で異動があったとしたら、慣れていないので居心地がよくないですが、何日も通い続け”当たり前”となると、ラクに感じてきますよね。

それと同じ原理です。

 

曜日を固定化する

曜日を固定化するのも有効です。

私は「火曜・木曜・土曜は仕訳のプラスαアルファ学習」としていました。

自宅のトイレにハンドブックタイプの参考書を置いておき、いつでも見れる状況にしておきます。

特に火曜・木曜・土曜は「仕訳学習の日」として固定化しておけば、トイレに入って参考書を見るたびに、

じゃっきー
今日は何曜日だっけ?

なんて考えていました。

「あ、火曜日だ。」と思うと、スッと手が伸びてほんの数問でも解くようになります。

日常のゴミ出しの日と一緒ですよね。

曜日が決まっておらず、いつでもゴミが出せるなら、溜まっていてもついついめんどくさくなって後回しにしがち。

火曜はごみ収集日と決まっているから「あ、今日ゴミ出しの日。」と自然とゴミを出せるものなのです。

目次へ戻る

トリガーをつくる

次にご紹介するのは「トリガーをつくる」です。

トリガーって何ですか?

という疑問をはじめに解決しておきましょう。

メモ

トリガーとは、英語で「引金」の意味を持つことばで、物事の起こるひきがねの意味でも用います。

じゃっきー
分かりやすく言うと「〇〇したら××する」というような、行動のスイッチをつくるのです。

たとえば「トイレに入ったら仕訳をする」という感じ。

固定化にも通じますが、習慣化にはとても重要です。

じゃっきー
私の場合はメリハリのある生活にするため、自己管理として使っています。
  • 朝起きたら簿記3級の勉強をする
  • 仕事から帰ったら筋トレする
  • 筋トレが終わったらお風呂に入る
  • お風呂から出たらパソコンの前に座る

「〇〇したら××する」と決まっているので、

じゃっきー
今度は何をしよう?

という脳に余計なことを考える負担がかかりません

人間は毎日、頭の中で選択できる回数が10回と決まっているそうです。

脳をできる限りフレッシュに保ち、簿記3級の勉強に神経が集中できるようにトリガーをつくって脳が疲れる負担を減らしましょう。

 

トリガーは悪い習慣も作ってしまう?

しかし、このトリガーは悪い習慣づくりにも適用されるので要注意です。

人はどうしてもラクなほう、楽しいほうを脳が求めます。

じゃっきー
私も「アプリゲームしたい〜。」なんて思う日があって、誘惑に負けて再インストールしてしまうことがあります。

「1日30分と決めてやれば大丈夫。」と甘く考えて時間を浪費してしまうことも。

仕事から帰宅して、すぐにアプリゲームを起動する日が数日つづき、

じゃっきー
あ、いけない。悪い習慣をつくるところだった!

とアプリを削除して自分をいましめたこともありました。

だって人間だもの、じゃいけません

簿記3級の合格を目指すのなら、正しいトリガーをつくり自分の習慣を整えましょうね

目次へ戻る

まとめ

今回は「簿記3級ネット試験に落ちた!とならないための勉強を習慣にする方法」といったテーマでお話をしました。

勉強を習慣にする5つの方法は、

5つの方法

  1. まずやめる
  2. みんなに宣言する
  3. やる気に頼らない
  4. 固定化する
  5. トリガーをつくる

です。

この5つの方法は、間違いなく簿記3級ネット試験にチャレンジする方を強烈にサポートしてくれます。

私は妻から、

○くんはストイックやな〜。

と言われます。

ちがうんです、ストイックじゃないんですよ

はたから見たらストイックに見えるのかもしれません。

じゃっきー
しかし、これは固定化し、トリガーを駆使くしして、勉強を習慣にしているだけなんです。

内心、実はストイックと言われてうれしかったりします。

あ、”ストイックな自分に酔いしれているから”じゃないですからね(笑)。

習慣をただこなしているだけなのに、周りから見ればこれがストイックに映るんだ。」

なんてニッコリしてしまいます。

今日は「簿記3級ネット試験の勉強を習慣にする方法」としてご紹介しましたが、この方法、何にでも応用できます

じゃっきー
ですから私は、空き時間を”自分の好きなことをやる時間”に変えて今でも毎日行っています
でもやっぱり習慣にするって大変じゃありませんか?

その考え、逆です

習慣にしちゃえば、ラクになるんです

みなさんの中でも日常生活で、無意識のうちにしていることに気づき、

うわ〜、習慣って怖いわ〜。

と人生で1度は口にしたことがあると思います。

習慣って本当にこわいですよ。

なんせ生活の一部として意識せずに行えるということですから。もはや最強です。

本日の5つの方法をぜひお試しいただいて、合格を掴みとってくださいね。

じゃっきー
ではまた。

 

参考書籍

一度読んでみてください。人生が変わります

こちらもCHECK

簿記3級ネット試験に独学4ヶ月で合格するコツとオススメの勉強法

はじめに 本記事は簿記3級ネット試験に独学でチャレンジしようと考えている方へ向けて書いています。 本記事を読めば、 簿記3級ネット試験に独学4ヶ月で合格するための4つのコツと3つの勉強法を知ることがで ...

続きを見る

 

目次へ戻る

スポンサーリンク

-簿記3級, 資格(簿記・FP)