オススメの本

ビットコインって何ですか?『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』【書評】

はじめに

  • ビットコインがブームになっている?
  • ビットコインが気になっているけどよく分からない。
  • ビットコインはブロックチェーンを使っているの?
  • ブロックチェーンってそもそも何なの?
じゃっきー
こんな疑問をたくさんの方が持っているのではないでしょうか?

そんな疑問を解決してくれる「おすすめの本」をご紹介します。

それが今日ご紹介するこの本『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』です。

じゃっきー
本書を読めばこんなことが分かります。

読めば分かること

  • ビットコインの仕組みや利用方法
  • ビットコインを支える新技術ブロックチェーンについて
じゃっきー
本書では、ほかにも「その他の仮想通貨」や「次のサービスへ向けた予測」が語られています。

おすすめポイント

  • むずかしい内容をやさしい文章で分かりやすく解説。
  • 「ビットコインについて知りたい。」「ブロックチェーンを教えてほしい。」と思っている方は最初の一歩として最適。
  • 「ビットコインやブロックチェーンを聞いたことがない」という初心者にもおすすめの一冊。

ココがおもしろい!3つのポイントを解説

ビットコインは実体のない仮想通貨

じゃっきー
ビットコインはアナログの現金とは違うということを理解しましょう。
  1. 実体のない仮想通貨(デジタル通貨)
  2. 特定の国に属さない国際通貨
  3. 国(政府)が管理せず、民間で運用する分散型通貨

実体のない仮想通貨(デジタル通貨)

じゃっきー
ビットコインは実体を持たないバーチャルなお金なので手で触ることができません。

ですから、「ウォレット」という専用の財布を持たなければならないのです。

もちろん「ウォレット」もバーチャルな財布になりますから、スマホやPC(パソコン)にアプリを入れることになります。

じゃっきー
このバーチャルなテクノロジーは高齢者や年配の方にはとっつきにくいイメージがあるかもしれません。

スマホを失くすと「ウォレット」ごと盗まれるのでは?と不安な人もいるでしょうがご安心ください。

スマホのデータを消去できる仕組みもあるそうなので、現金入り財布を持ち歩くより安全と言われています。

ちなみにビットコインそのものはスマホ内にダウンロードされている訳ではありません

「クラウド」に保管されていますから、スマホのデータを消去してもビットコインは失われません。

目次へ戻る

特定の国に属さない国際通貨

ビットコインは特定の国や中央銀行に当たる組織が発行しているわけではありません。

どこかの国の制限があるわけではないので、理論上は世界中どこでも使うことができます

じゃっきー
しかし、国によってビットコインの受け入れ体制は微妙に異なるようで、どこでも使えるかは「?」でしょう。

今の日本ですらビットコイン自体が十分に浸透していない状態ですから。

全世界で体制が整えば『真の国際通貨』と言えるのではないでしょうか。

目次へ戻る

国(政府)が管理せず、民間で運用する分散型通貨

ビットコインの面白いところは、ネットワークに参加する人が主体となり、自分たちで運用しているところです。

世界中の至るところで24時間、365日行われる取引を参加メンバーがお互いに承認し合うことで「取引の正しさ」を担保しているのです。

じゃっきー
今一つこの文章を読んだだけではピンと来ない人もいるでしょう。

これはブロックチェーンの1つである「P2P(Peer to Peer)ネットワーク」による分散処理システムを使っているそうです。

じゃっきー
ではポイントをおさらいしておきましょう。

おさらいポイント

  • ビットコインは実体を持たないバーチャルなお金
  • 「ウォレット」という専用の財布を持たなければならない
  • ビットコインは特定の国や中央銀行に当たる組織が発行していない
  • ネットワークに参加する人が主体となり、自分たちで運用している

目次へ戻る

新技術ブロックチェーン

ブロックチェーンは『分散型台帳技術』と言われています。

じゃっきー
こんなに漢字を並べられても困りますよね。

私もブロックチェーンに関する言葉は「?」の連続でした。

じゃっきー
私なりに理解した4つの基本をお話させていただきますので、ブロックチェーンの雰囲気をつかんで帰ってください。

ブロックチェーンの4つの基本

  1. トランザクション
  2. ハッシュ関数
  3. 「45万個のブロック」がつながるチェーン
  4. 分散型台帳

目次へ戻る

トランザクション

ビットコインの1つの取引は「トランザクション」と呼ばれます

すべてのトランザクションは

「AさんからBさんへ〇BTC(ビットコインの単位)移動する」

という形で記録されるそうです。

ビットコインの取引は世界中で24時間365日行われ、取引のすべてはオープンでリアルタイムに更新されています。

しかし、ビットコインの取引はお互いに承認し合ってはじめて成立するので、すべての取引直後は「未承認」の状態です。

ビットコインは未承認のトランザクションを10分ごとにまとめて1ブロックとします。

じゃっきー
その1つのブロックを一括して承認する仕組みを採用しているそうです。

新しく承認されたブロックは、すでに承認済のブロックをひと続きにした1本のチェーンの最後尾にはめ込まれて追加されます。

イメージとしては、箱を前から並べてチェーンでつないでいって、その最後尾に新しい箱を置く感じでしょう。

ブロックがガチャンとはめ込まれてようやく取引が成立するというわけです。

目次へ戻る

ハッシュ関数

ハッシュ関数なんて「数学が得意じゃないんで失礼します。」というあなた。

ちょっと待ってください安心してください。

じゃっきー
私にも理解できましたので、どうぞこのまま読むのをお続けください。

一つ一つのトランザクションは、ハッシュ関数という規則性のない一定の長さの文字列「ハッシュ値」に置き換えられます

これが面白くて、

ハッシュ関数にかけると、どんなデータでも同じケタ数のまったく異なる文字列に置き換えることができると言うんです。

じゃっきー
暗号技術でよく使われます。

すごい関数で、入力データをわずかでも変えると、まったく異なるハッシュ値が出てくるのがハッシュ関数の特徴です。

ハッシュ関数のイメージ

AさんからBさんへBTCを移動 → 1qaz2wsx3edc4rfv5tgb

AさんからBさんへ10BTCを移動 → 2qaz3wsx4edc5rfv1yhn

上記のように「1」に0が加わり「10」となっただけで、ハッシュ値がまったく異なります。

重要ポイント

  • ハッシュ値は不可逆的で、後から勝手に変更できません。
  • ビットコインの取引が改ざんされることを防ぎます。

目次へ戻る

「45万個のブロック」がつながるチェーン

1つ1つのブロックには数百から数千の取引記録(トランザクション)が含まれているそうです。

ブロックは10分ごとに承認され、チェーンでつながれたブロックの最後尾に追加されていきます。

本書記載の2017年1月時点のブロック総数はおよそ45万個。

つまり、45万個のブロックが連なる「たった1本のチェーン」にすべてのビットコインの取引記録が残されています。

じゃっきー
ブロックがチェーン状につながっているから「ブロックチェーン」という訳だそうです。

目次へ戻る

分散型台帳

じゃっきー
ブロックチェーンは、1つのサーバーで管理されるのではなく、上図のようなイメージで世界中の複数のPCに全く同じものが保存されています。

なぜなら、1人ひとりのユーザー同士をネットワークで結び直接データをやりとりする、

ピア・ツー・ピア(Peer to Peer:P2P)方式

を採用しているからです。

P2Pネットワークで管理・運営される取引記録の一覧表を持つブロックチェーンを「分散型台帳」と呼んでいます。

  • ビットコインの取引を個別に承認せずにまとめて承認しているのは、同じブロックチェーンをネットワークにつながった複数のコンピュータがそれぞれ保存しているから
  • 取引が発生するたびに、毎秒数十から数百にわたってネットにつながる全てのコンピュータを同時に更新するのは不可能なので、10分ごとにまとめて承認している
じゃっきー
ではブロックチェーンについておさらいしておきましょう。

ブロックチェーンのおさらいポイント

  • 取引は「トランザクション」と呼ばれる
  • 取引は世界中で24時間365日行われ、すべてはオープンでリアルタイムに更新される
  • 取引はお互いに承認し合ってはじめて成立する
  • 新しく承認されたブロックは、承認済ブロックの最後尾にはめ込まれる
  • トランザクションは、ハッシュ関数という規則性のない一定の長さの文字列「ハッシュ値」に置き換えられる
  • ハッシュ値は不可逆的で、後から勝手に変更できない
  • ブロックがチェーン状につながっているから「ブロックチェーン」という
  • ブロックチェーンは、1つのサーバーで管理されるのではなく、世界中の複数のPCに全く同じものが保存されている

目次へ戻る

ビットコイン投資はおすすめしない

  • 変動幅の比率が大きく将来的な成長が見込めるビットコインは、投資対象として魅力がある。
  • 手続きも簡単で、オンラインFXと同じような手軽さで投資を始めることができる。

と本書では書かれています。

じゃっきー
少しお金の話をしますと、通貨は「信用」で成り立っています。

国の信用が失われ、通貨が暴落するという不安が広がると、安定した外国通貨が買われますよね。

リスクを回避するための避難先として、最近は安定資産としての「円」が買われる傾向です。

じゃっきー
それと同じようにギリシャ危機のときに競って買われたのがビットコインでした。

ビットコイン価格は常に変動しているので、下がったときに買って上がったときに売れば、その差額が儲けになるのは他の投資と同じです。

しかし、現在の取引レートをリアルタイムで確認して売買する短期的な取引は投機です。

じゃっきー
私は元々PCに張り付いて株などを売り買いする投機は反対です。

我々サラリーマンにとって1日中PCに張り付いておくことなんて非現実的ですし、そもそもリスクが大きすぎます。

短期的売買は値動きが激しく先読みできないため著者もおすすめしていません。

著者としては、長期的にビットコインを保有すれば、ビットコイン市場がまだまだ成長途上なので将来的な値上がりが期待できるとしています。

それでも私は、ビットコインの歴史は浅くビットコイン1点で投資を試みるのに抵抗があります。

もしあなたに十分な余剰金があるのであれば、少しだけ買って様子を見る程度に抑えておく方が良いと考えます。

おまけ

ビットコインの出発点は「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が2008年11月に暗号理論に関するオンラインコミュニティで発表した「Bitcoin : A Peer to Peer Electronic Cash System」という論文でした。

ビットコインは「サトシ・ナカモト」が単独で開発したものではなく、特定の組織に属する開発チームでつくられたものでもありません。

「サトシ・ナカモト」が提唱したブロックチェーンの技術に興味を持った人たちが分担してコードを書き、現在の形に近づいてきたのです。

目次へ戻る

まとめ

本書ではビットコインとブロックチェーンについて、何も知らない一般人向けに分かり易く書かれています

本書を読む前に、別のブロックチェーンの本を読んでみたのですが、専門用語がむずかしくて途中で読むことをあきらめてしまったんです。

じゃっきー
しかし、どうしてもビットコインとブロックチェーンについて1から勉強したかった私は、本書に出会って救われました

ITに詳しくない私ですら理解しやすく、そして興味を持って読むことができたからです。

研究開発や会社の技術革新などでブロックチェーンについて詳しく知りたいという方には少し物足りないかもしれませんが、

ビットコインとブロックチェーンを勉強したい始めての方には最初の一歩に『最適の1冊』となっています。

楽しく興味をもってぐいぐい読み進めていけて、とても勉強になったと満足できます。

ぜひあなたも手に取ってお読み頂ければ幸いです。

じゃっきー
ではまた。

書籍情報

出版社 : ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017/3/24)

発売日 : 2017/3/24

購入はこちら

Amazon Kindle Unlimitedがめっちゃ便利でお得

Amazon Kindle Unlimitedは200万冊以上が読み放題の電子書籍です。

じゃっきー
私がどんどん本を読めるのはKindle Unlimitedを使っているからなんです。

月に何冊読んでもいいですから本を読みたい私には最適です。

好きな端末が利用可能で、私はiPhoneでソファーに座ってゆったりと本を読みます。

まさに至高のひとときを味わえます。

自分が重要だなと思う部分には手軽にマーカーできちゃいますし、一度Kindle Unlimitedを閉じて、また開くと読んでいたページから読めるんです。

じゃっきー
このサービスが月980円で受けられるんですからビックリしました。

しかも次からは自動更新で一切手がかかりません

いつでも更新のキャンセル可能ですし。

じゃっきー
仕事をしてたら、自分にはまだまだ知識が足りないな〜って思うことありませんか?

私も同じです。

やっぱりそんなときは本を読むしかないんですよね

かといって本屋さんへ行く時間もないし。

じゃっきー
そんな方にピッタリなのはAmazon Kindle Unlimitedです。

ぜひこの機会に一度登録してみてはいかがでしょうか?

サイトを覗くだけでもいいですし、登録してみて使わないなと思えば次回からキャンセルすればいいだけです。

30日間無料キャンペーンなんかもやっているので、そのときに登録すればかなりお得です。

無料期間内にキャンセルしてもその1ヶ月はお試しで利用できますのでね。

メリットが多いのがこのAmazon Kindle Unlimitedです。

下記リンクをクリックすると登録ページに移動します。

Amazon Kindle Unlimitedに登録して好きな本をたくさん読もう!

目次へ戻る

スポンサーリンク

-オススメの本